悩み・不安を解消して、イキイキと楽しく生きる方法

いろんな悩みや不安を抱えていて、辛い思いをしている人が、それを解消して、イキイキと楽しく生きていくことが出来るようになる方法を、ご紹介したいと思います。

自意識過剰の原因と、自意識過剰を治す方法

f:id:joyfullife-wo:20170116175841j:plain


自意識過剰だと、いつも人の目を気にして構えているから、常に嫌な緊張があって、すごくしんどいし、心も体もクタクタに疲れてしまいますよね。

でもそれは、周りの人が実際に自分のことをどう思っているかではなく、自分の中で勝手に悪い方に想像して、それに振り回されてしまっているんですよね。

そんな人が、比較的簡単に、自意識過剰を治すことが出来る方法があります。

自意識過剰を治す方法と言っても、精神論や単なる叱咤激励に過ぎないようなものではなく、内面から自分を変えて自己肯定感を高めることで、自意識過剰を治す方法です。

 

 

自意識過剰だと本当に生きづらい

・会話をしている時には、これを言ったら変に思われないかとか、嫌われないかとか、そんなことを常に考えていて、素直に自分を出して、相手とのコミュニケーションを楽しむことが出来ない。


・電車に乗っていたり、街中を歩いていたりする時でも、他人の視線がすごく気になってしまう。

 

・会社で仕事をしている時も、常に人の目を意識して構えているから、クタクタに疲れてしまう。(仕事そのものよりも、他人にどう思われるかを意識し過ぎて、構えていることで、ひどく消耗してしまう。)

 

・会議で報告をする時や、人前でスピーチをする時には、頭の中が真っ白になりそうなくらい緊張してしまう。

 

・少し離れた所で、笑いながら話をしている人がいると、自分のことを笑っているに違いないと思ってしまう。

 

・いつもより少し派手な服や靴を身につけた時は、どう見られているか気が気ではない。

 

・人前で文字を書く時には、ものすごく緊張して手が震えてしまう。

 

・ズボンの折り目がほんの少し曲がっているだけで、だらしがないと思われないだろうかと気にしてしまう。

 

・普通に目を合わせて話をするだけで、すごく緊張して、しどろもどろになってしまう。

 

・人と会う時に、良く思われたい気持ちが強くて、自然体でなく、笑顔を作ってしまう。

 

・近くまでちょっと出かけるだけでも、人の目がすごく気になって、きっちりした服を着たり、化粧をしたりしないと出ていけない。

 

・本のタイトルを見て、店員に変な人と思われるのではないかと思って、買いたい本が買えない。

 

自意識過剰だと、いつも周りの目を気にして、大きなストレスを感じながら、構えて生きていくことになるから、本当に大変です。

 

 


自意識過剰の原因

他人は自分のことをそこまで見ていないと頭では分かっていても、どう見られているかとか、どう評価されているかといったことが異常なくらい気になってしまうのは、なぜでしょうか。

 

それは、自己肯定感が希薄で、自分に自信がないからです。

 

「ありのままの自分でいいんだ」とか、「自分は自分、これでいいんだ」といった感じで、自分に自信があれば、他人の評価を必要以上に気にすることもないのですが、そういった自信がないために、他人の目を必要以上に意識して、他人の評価を怖いぐらい気にしてしまいます。

 

自己肯定感というのは、「自分は大切な存在なんだ」」とか「自分はかけがえのない存在だ」」といった、自分自身のことを認めるというか、肯定的に受け止める気持ちのことですが、自己肯定感の高低というのは、乳幼児期にどんな育て方をされたかで大きく違ってきます。

 

ありのままの自分をしっかりと愛してもらって育てられた人は、自己肯定感が高くなりますが、それが十分でなかった人は、どうしても、自己肯定感が低くなってしまいます。

 

自己肯定感が低く、ありのままの自分でいいという意識が持てないために、親に気に入られようとして、自分の本当の気持ちを抑えて、いい子を演じるようになってしまいます。

 

幼少期の環境が原因で自己肯定感が低くなってしまった人の中には、成長する過程で、人や本などとの出会いによって、自己肯定感が高くなっていく人もいますが、大抵の場合は、ごく幼い時期に形成された自己肯定感の低さを増幅させながら大人になっていきます。

 

三つ子の魂百までと言われますが、人は本当に変わりにくいものです。

 

自己肯定感が低くて、幼少期には、親に気に入られる「いい子」を演じているのですが、大人になっても、自己肯定感が低いままだから、今度は、周りの人に気に入られる「いい人」を演じてしまいます。

 

 


自意識過剰を治す方法

自己肯定感が低いことが、自意識過剰の根本的な原因ですから、自意識過剰を治すためには、自己肯定感を高めることが必要不可欠です。

自己肯定感を高める方法は、いろいろあります。


・自己暗示をかける

幼い時からずっと、親(保護者)をはじめ、自分の周りの人から自分のことをいろいろ言われてきたことは、間違いなく暗示として、自分の中に入っています。そして、生まれてから今までに言われたことを全て混ぜ合わせて一つにしたものが、いまの自分です。

ですから、自分に対して、肯定的な言葉を言い続けて、暗示をかけなおすことで、自己肯定感を高めることができます。


・他人と自分を比べない

自己肯定感が低い人は、他人の優れている面と、自分の劣っている面を比べてしまいがちです。

これだとどうしても自分を否定的に見ることになってしまいますよね。

「人は人、自分は自分、違っていて当然なんだ」という考え方をして、人と比べるのをやめることで、自己肯定感が高まります。

 

・何でもいいから、何か一つやり遂げる。

小さなことでも、何か一つをやり遂げれば、自信につながっていきます。

そして小さなことを一つやり遂げれば、次にまた何か別の小さなことを一つやり遂げる、それを繰り返すことで、確実に自己肯定感が高まっていきます。

 

・自分の良い面に目を向ける

自己肯定感が低い人は、いろいろなことをネガティブに考えがちで、自分についても否定的な面(短所)に目が行きがちですが、それだとどうしても、自分のことを否定的に見てしまい、自己肯定感が低くなってしまいます。

そうではなく、自分の良い面(長所)に目を向けるということが、自己肯定感を高めることにつながっていきます。

 

・自分を褒める

これはものすごく大事なことです。

どんなに小さなことでもいいから、自分を褒めることで、確実に自己肯定感が高まっていきます。


いろいろな方法をご紹介させて頂きましたが、自分に合った方法で自己肯定感を高めて、自意識過剰は治して頂ければと思います。

 

 

 

【ご参考】

なかなか自分一人では続けられないという方には、有料のトレーニングですが、プラス思考をするようになると同時に、自己肯定感を高めて、自分に自信をつけることで、自意識過剰を治すことが出来る方法(プラス思考トレーニング)もあります。

  

 

f:id:joyfullife-wo:20170116175924j:plain

 

(参考サイト)

自意識過剰を治す10の方法! - Answer

街を歩くと視線を感じる。 隣に人がいると気になってしょうがない。 きっと自分の事をこう思っているに違いない。 自意識過剰になってしまうと、常にこういう思考が働いてしまうので、非常に疲れてしまいます。 また、酷い場合は、勝手に変な空気感や壁を作り出してしまう事もあるでしょう。自分の格好が変じゃないか、周囲にどう思われているか気になってしまって家からも出られなくなってしまうかもしれません…。自分の意識だけでこんなに苦しんでしまうのはとても悲しく、また意味の無く虚しい事でもありますので、社会生活に支障をきたす前に改善しておきたい問題です。ここでは、そんな自意識過剰克服方に繋がるヒントを紹介して行きたいと思います。

 

自意識過剰な心理を克服!治すことで対人恐怖への対処をしましょう!

周りが気になってしまう自意識過剰な心理!心のあり方を知って克服!対人恐怖を治すことでコミュニケーションを楽にしていきましょう.

 

自意識過剰を治す方法、超具体的な20ステップ

「嫌われるのを気にしない」では自意識過剰は治らない。なぜなら、嫌われるのを気にするのが自意識だからだ。ここでは、自意識過剰を治す具体的ですぐにできる方法を公開している。

 

自意識過剰な自分を変えるには?(克服する方法について) | おかしな幸福論

自意識過剰な自分変えることはできるでしょうか・・? それについて、できたら記事にしてくださいと言っていただきました。(※ご依頼いただいても記事として書けないことがあります。m(_ _)m). どうしても人が気になることってあります。僕はそれはある程度は仕方ないと思います。

 

自意識過剰から脱出せよ! シャイを直す2つの方法 -ミラクリ

ぼくはなんとか治したい性格があります。 それは・・・・・“シャイ”なんです。しかも過剰に。「照れ屋」というニュアンスもあるのですが、ぼくの場合はどちらかと言うと「カッコつけ」の要素も強いです。 シャイなのは昔からです。

 

誰もあなたを見ていません。自意識過剰を治すための考え方 - リブログネット

自意識過剰から脱却したい場合、まず考えてほしいことは「他人に対して、いちいち意識を向ける人はほとんどいない」ということです。 普段自分が街中 ... つまり自意識過剰を直すには、自分自身を高く評価してあげることが必要ということです。

 

自意識過剰に終止符!対人関係の恐怖から解放するシンプルな克服方法

「人にどのように見られているのか」「どんな風に思われているか」など誰でも多少は他人の目を気にするものです。しかし、他人の目や他人の評価を気にしすぎる自意識過剰は、自分の思ったように行動できなくなり非常に窮屈な思いをします。そんな自意識過剰を改善するためにはどうすれば良いのでしょうか。自意識過剰を克服するための方法をご紹介します。

 

自意識過剰を治す(自信をつけて克服しよう)

自意識過剰を治す(自信をつけて克服しよう). ぺん子「私って人の目が気になるタイプなんだけど、自意識過剰を治していくのってどうしたらいいんだろう。」 ぺんぺけ「細かいことを気にしなければいいぺけけ~」

 

自意識過剰の治し方を教えて下さい。私は小さい時から人の目を気にして生きて来ました。

自意識過剰というのは、裏を返せば自己確立が出来ていない証です。貴女にとって必要なのは内面磨きです。外見と内面にギャップがあるから他人の目が気になるのです。 では、内面を磨くにはどうすればいいのか?それは何かしらで自信をつけることです。礼儀、作法から始まり、慈愛の心で他人と接するなど様々ありますね。そして、欠点を見直すことも大切です。自分の内面磨きに精を出して下さい。そうすれば、内面と外面の調和が取れたバランスのいい女性になれますよ。